So-net無料ブログ作成
マルモのおきて 最終回 感想 ブログトップ

マルモのおきて 最終回 感想 [マルモのおきて 最終回 感想]

マルモのおきての最終回が終わってしまいました。
まだ、余韻が残っていますが感想です。

通常より30分拡大しての放送でしたが
長さはあまり感じませんでした。

前回もそうでしたが、
家族とは何かということを考えさせられました。

母親の元に双子を返すことを決めたマルモ。

始めに家族旅行を楽しむ所から始まりましたが、
マルモの気持ちを察すると

ちょっと胸が痛む気がしました。

その後、
母親が同席している中でついに双子に
打ち明ける時が来ました。

今まで母親は死んだと説明したが
嘘であったこと。

目の前にいる人が自分たちの母親であること。

聞かされた子供達は動揺し部屋を飛び出します。

いつかは必ず来るこの時がついに来たな
と思いました。

そして、
母親と一緒に暮らすことを
双子は少しずつ受け入れていきます。

別れの日を迎え、本当に離れ離れになります。

バスに乗った二人を見送るシーンは
マルモと同じくとても寂しい気持ちになりました。


これで終わるのかと一瞬思いましたが、
時計を見るとまだ時間がありました。

一体どうなるのかと考えていると、

一人になってしまい悲しみ明け暮れるマルモの部屋に
二人が戻ってきているではありませんか。

子供たちの意思ではなく、母親の意志で連れてきたと。

そして、母親との関係を作りながら
マルモとの3人の生活が継続されることとなりました。


びっくりしました。

この展開は読めませんでした。

はなればなれでも家族
と言ったマルモの言葉が印象に残っています。

とにかくこの結末で良かった、
ほっとした暖かい気持ちになりました。

全編通じて目頭が熱くなるシーンが満載でした。


今日の放送の最後に日時は未定ですが
スペシャルが放送されることが
発表されました。

また3人に逢えるかと思うと楽しみですね
(もちろんムックも)。

DVD-BOXが発売されることも
発表されました。

1話1話じっくと見返したい作品です。

マルモのおきてに関連する商品を楽天市場で探す




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ
マルモのおきて 最終回 感想 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。